お肌のトラブル

思春期にきびと大人にきび

更新日:

お肌サイクルの乱れがにきびを生む

わたしたちのお肌は毎日生まれ変わっていますが、ひとつの肌細胞の寿命はおよそ28日間です。 新しい表皮細胞が古い細胞を押し上げて角化し垢となって剥がれ落ちる。この肌細胞の一生がおよそ28日間で一般にターンオーバーと呼ばれています。

毎日毎日行われているこの肌細胞のサイクルが乱れると、一生を終えた細胞がたまって毛穴をふせぎ、それを栄養源にして菌が発生・増殖し、にきびとなります。

 

 

思春期にきびと大人にきび

一般に、20歳までのできもの(炎症性疾患)を「にきび」、20歳を超えたら同じできものでも「吹き出物」と呼ばれていますね。

これらを医学的には「尋常性ざそう」といいますが、中医学では「血熱」に注目をして体のなかから対応していきます。

 

思春期にきび 大人にきび
思春期にきび 大人にきび

若い時は陽気が盛んです。体力のある方、活発な方も同じ傾向にあります。つまり余分な熱がこもっている為ににきびになりやすいのです。皮脂分泌が過剰なおでこや鼻に多くできます。

ストレスが増えたりターンオーバーが上手くいかなくなりにきびになりやすくなります。今までのスキンケアに問題がある場合もあります。乾燥肌でにきびになりやすい方はお肌が乾燥を防ごうと皮脂分泌を過剰に行っているからという悪循環もあります。

 

 

血熱に注目!

にきびになりやすい方は、他に「のぼせ」「ほてり」「喉が渇きやすい」「便秘がち」「イライラしやすい」「落ち着きがない」という症状がありませんか?

これらの症状は、体内に熱がこもっている事が原因です。血熱に対しては「涼血(りょうけつ:血を冷ます)」「清熱(せいねつ:過剰反応を抑える)」という方法を用います。そして涼血・清熱をベースに、にきびの症状によって段階的に対応していきます。

 

白にきび・赤にきび 黄色にきび 黒にきび
肺・胃熱、風熱が主な原因。 熱毒が主な原因。 熱毒、痰湿が主な原因。

【生薬】
金銀花・枇杷葉・オウゴン・連翹・桑白皮・荊芥などがよく使われる。

【生薬】
黄連・黄柏・板藍根・五行草・竜胆草・蒲公英などがよく使われる。

【生薬】
茯苓・ヨクイニン・沢瀉・車前子・丹参・赤芍薬・センキュウ・紅花などがよく使われる。

 

お一人お一人、症状が同じでも原因が違えば治し方も違います。

どの製品が自分にあっているのか、自分の肌は今どんな状態なのか・・・

当店の専門スタッフへ何でもお気軽にご相談ください♪

 

★ご連絡をお待ちしております★
アトピー性皮膚炎漢方相談の保元堂薬局

保元堂薬局のお店紹介はこちら

 

 

-お肌のトラブル
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 漢方相談なら保元堂薬局 , 2018 All Rights Reserved Written by HOGENDOU.