お肌のトラブル

にきびの食養生とスキンケア

更新日:

生理とにきび

排卵から生理前の期間には、皮脂が過剰に分泌されるため、にきびができやすい状態にあります。

この約2週間は生活リズムを整え、食生活を正し、いつも以上に心配りをすることでクリアしていきましょう。

生理前2週間はのびやかに◆ ビタミン類を多く含む野菜や果物を
    積極的に食べましょう。
◆ ヨガ・ウォーキング・太極拳など有酸素運動
    で体を動かして気の流れを良くしましょう。
◆ 油分の多いファンデーションは毛穴を塞ぎ
    がち、リキッドタイプよりパウダータイプを
    使い、薄化粧を心がけましょう。
◆ ムダ毛処理後は無防備状態。
    外出時は必ずUVケアで保護しましょう。
◆ 睡眠をしっかりとり、
    規則的な生活リズムを心がけましょう。
◆ ストレスはお肌の大敵!
    適宜発散し、溜めないようにしましょう。

 

 

食養生

薬食同源・・・薬を飲むことと食べることは同じくらい大切です。 にきびができやすい方は以下を参考に食生活を見直してみることをオススメします。デトックス食養生なので、きっとにきびだけでなく便秘やイライラも改善されるでしょう。

オススメの食べもの

切り干し大根、高野豆腐、ごぼう、香菜、れんこん、よもぎ、ひじき、昆布、こんにゃく、いちご、枇杷、銀杏、はとむぎ茶、板藍茶、五行草茶など

食べないほうがよいもの

脂っぽいもの、チョコレート、ピーナッツ・マカダミアナッツなど油脂の多い豆類、香辛料や辛いものなど体を温める刺激の強いもの、スナック菓子、アイスクリーム、清涼飲料水、ビールなど胃腸に負担のかかる冷たいもの

 

 

間違ってない?スキンケア

☆…クレンジングと洗顔…☆
クレンジングと洗顔顔を洗うときは、泡で洗うように心がけます。細かな泡ほど汚れや古い角質をしっかり落とします。 また、ごしごし力を入れてこすったりお湯で洗うと必要な皮脂を落としてしまうばかりか、お肌を傷つけてしまいます。

また化粧品などの油分汚れを落とすクレンジングと、ほこりや汗などを落とす洗顔とでは目的が違います。
朝は洗顔、夜はクレンジングと洗顔のダブル洗顔をきちんとしましょう。

 

☆…化粧水で保湿…☆
化粧水で保湿とくに大人の方は水分補給=加齢による代謝低下を防ぐ、ということを忘れないで頂きたいです。

コットンがひたひたになる位にまで染み込ませた化粧水を「押し込む」ように、お肌にパッティングしていきます。

この時、勢いつけてパンパン叩きません。じっくりとお肌に浸透させるイメージで、右頬・左頬・おでこ・鼻・あごと、顔全体にもれなく水分補給をしてあげましょう。

 

☆…乳液で保護…☆
乳液で保護乳液や保湿クリームは、水分補給用の化粧水の蒸発を防ぐ目的と、外気の刺激からお肌を守る目的があります。

つけすぎは厳禁です。おでこ・頬・鼻・あごに適切な量をよくのばすようにしてつけましょう。

外出前は紫外線からお肌を守るUVケアクリームがおすすめです。また、ファンデーションをつける場合は乳液やクリームをつけた後5分~10分おいてからが良いでしょう。

 

スキンケア製品はお肌にあったものを選ぶことが最重要です。例えば若い肌の方がエイジングケアの高価な化粧品をつけても良い結果になるより逆効果となるパターンもあります。 肌質や体質はひとりひとり違いますが、季節やそのときの体調や環境によっても左右されます。

どの製品が自分にあっているのか、自分の肌は今どんな状態なのか・・・

当店の専門スタッフへ何でもお気軽にご相談ください♪

 

★ご連絡をお待ちしております★
アトピー性皮膚炎漢方相談の保元堂薬局

保元堂薬局のお店紹介はこちら

 

 

-お肌のトラブル
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 漢方相談なら保元堂薬局 , 2018 All Rights Reserved Written by HOGENDOU.